News

TOPICS

横浜国立大学×キタムラ

Shop List

IDEC横浜、横浜国立大学、キタムラのオープンイノベーションによる産学連携コラボ
~自由曲面からなる3次元構造物をシート状素材により製作する新手法の実用化~
ハンドバッグの実用サンプルを共同制作しました

横浜国立大学とキタムラは、公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC横浜)の仲介により、同大学大学院工学研究院 前川卓教授の研究内容をハンドバッグとして実用化し、試作品を製作しました。

今回の実用化は、この新手法を用いて19世紀のフランス人数学者シャルル・デュパンらによって研究されたサイクライドという有名な曲面の形をハンドバッグで再現したものです。

試作品では特に「本革で作る」、「横浜らしさ」、「実用性」を重視しました。
編み込みに沿う曲線は全て円であることから、その形状を保たせるために、革の厚みや心材の強さについて何度も検討を重ねるとともに、実用性を兼ね備えた軽さと内装にもこだわり、コラボする3団体の地”横浜”を感じさせる爽やかなブルー×ホワイトで仕上げました。

本試作品は2017年8月31日、9月1日に開催された「イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~」にて展示され、現在はキタムラ元町本店にて展示をしています。